幼稚園とは?保育園と幼稚園との違いは?

幼稚園とは、学校教育法という法律に基づいて、3歳から未就学児の子供たちが最大3年間かけて小学校に上がるための準備を行う教育機関です。

保育園は、それに対して、働く保護者など保育に欠ける子供たちの身の回りの世話をするのが特徴です。 ですので幼稚園は、小学校や中学校と同じく、教育が中心となる「学校」の扱いになるのです。

授業参観・家庭訪問・個人懇談など、小中学校と同じような行事が幼稚園にはたくさんあります。 

幼稚園の開園時間や入園年齢などについて

幼稚園は、朝8時30分ごろから始まり、午後2時30分から3時ごろに終了します。 最近では、働く保護者が増えたことにより、幼稚園でも、保育時間終了後の午後3時から7時まで預かる「延長保育」が行われています。


また、本来幼稚園は3歳から入園しますが、現在、「プレ幼稚園」と言って、2歳児を週2回程度預かるというものも始まっています。

つまり、これまでの幼稚園は小学校準備が中心だったのが、保育園に近い長時間預かりや、低年齢児を預かるなど、地域の子育てを支援する存在になってきているということが言えます。