保育士になりたい

保育士になるには・保育士になるための進路、大学選び

コメント(0)  | トラックバック(0)

保育士になるには保育士の資格を取得することが必要です。
保育士の資格取得方法は下の図のように大きく2通りあります。

保育士になるには 進路

1つは高校卒業後、厚生労働省が指定する保育系の大学・短大・専門学校を卒業し、卒業と同時に資格を取得する方法。

2つ目は、保育士養成施設ではない大学・短大・専門学校などを卒業後、保育士試験を受験して合格する方法とになります。

保育士を目指す人の多くは、1つめ(上の図でいうと左側)の、保育士養成施設を卒業して保育士資格を取得するパターンで保育士になることが多いです。
ここでは1の保育士養成施設を詳しく紹介しておきますね。

保育士養成施設について~四年制?短大?専門学校?どこがいい??~

保育士養成施設には、四年制大学・短期大学・専門学校があります。
それぞれに特徴がありメリットデメリットがあるのですが、大きな違いは、通学年数とカリキュラム、そして資格の種類にあります。

四年制大学のメリットとしては、通学期間が4年と長いため、その分実習が充実していて自信を持って保育士として現場に出ることができます。
また保育士の資格だけでなく、幼稚園教諭、小学校教諭の資格を取得可能な大学も多いので、将来の仕事の選択肢が広くなるのが最大のメリットといえます。

短期大学・専門学校では4年制大学より年数が短い分、早く保育士として働くことができます。しかしながら、2年または3年で資格を取得するため、学校生活は非常に忙しい毎日となってしまいます。
その点のメリットデメリット、注意点をよく知って学校選びをしていくのがよいでしょう。

【保育士資格取得における各学校のメリット・デメリット】
種類 メリット デメリット
保育士養成
四年制大学
(4年)
◎卒業と同時に保育士資格が取得できる
◎幼稚園教諭や小学校教諭の免許状も同時に取得できるところがある
◎4年間あるのでじっくりと時間をかけて保育について学ぶことができる
◎必要に応じて保育以外の勉強(英語などの語学系・芸術系)もできるところがある
×卒業まで4年間なので、就職まで時間がかかる
×卒業まで4年間なので、費用がたくさんかかる
保育士養成
短期大学
(2~3年)
◎卒業と同時に保育士資格が取得できる
◎2年間という短い期間で保育士資格を取得できる(ごくまれに3年制の短大もあり)
◎幼稚園教諭(二種)などの免許状も同時に取得できるところがある
◎在籍二年間なので、在籍四年間の大学と比べて額費総額が安い
×2年間で保育全体を学ぶので、毎日講義がたくさんあり、時間的余裕がない
×2年間のうち最後の1年は資格取得と就職活動で大変多忙となる
保育士養成
専門学校
(2~3年)
◎卒業と同時に保育士資格が取得可能
◎幼稚園教諭(二種)などの免許状も同時に取得できるところがある
◎在籍2~3年間なので、在籍4年間の大学と比べて額費総額が安い
×2年間で保育全体を学ぶので、毎日講義がたくさんあり、時間的余裕がない
×学歴は専門学校卒となり、転職・復職などには不利な場合がある

保育士を目指す人の進路・大学選びについて

保育士の資格が取得できる大学・短期大学を一部紹介しておきます。

4年制大学については、保育士・幼稚園教諭に加えて、小学校教諭の免状が取得できる、トリプル資格取得が可能となっている大学が多くなってきています。

また支援学級教諭や障害者保育など専門知識を必要とする勉強ができる大学も多くあるので、それぞれの特徴を比較しながら大学案内などの資料をよく読み、学校見学も実際に行って確かめるようにしましょう。

【保育士・幼稚園教諭のW資格取得が可能な4年制大学・短大】(一部抜粋)
都道府県名 大学名 特徴など
東京都 武蔵野大学 トリプル資格(保育士・幼稚園教諭・小学校教諭)取得可能。教員採用試験対策が充実。
淑徳短期大学 W資格(保育士・幼稚園教諭)取得可能。障害児保育の教育プログラムも実施。
大阪府 大阪青山大学 トリプル資格取得可能
大阪総合保育大学 トリプル資格取得可能
大阪成蹊短期大学 ①保育士&幼稚園教諭 ②幼稚園教諭&小学校教諭 の2種類の資格取得パターンがある
兵庫県 園田学園女子大学 トリプル資格取得可能
京都府 同志社女子大学 トリプル資格取得可能
佛教大学 特別支援学級の教員養成プログラムを設置。
京都光華女子大学短期大学部 キャンパス内に幼稚園がある。W資格取得可能。

それぞれの大学の資料請求は上の表のリンクから無料でできるので、取り寄せはすぐにしておきましょう!

ここも要チェック!⇒保育士が目指せる全国の大学・短期大学一覧

ここも要チェック!⇒保育士が目指せる全国の専門学校一覧

どちらも一覧から学校資料の無料一括取り寄せが可能ですので、
まずは入手しておきましょう。


保育士とは・保育士の仕事内容

コメント(0)  | トラックバック(0)


保育士とは、保育所・養護施設などの児童福祉施設で、就業などの保護者の理由で保育できない子どもを預かり、保護者にかわって保育をする専門家のことです。

働きたくても子どもを保育園に預けられない、といった保育所の不足が社会問題化していて、保育所とそこで働く保育士の需要は今後もますます高くなってくるといえます。


保育士の仕事内容

保育士の仕事内容は大きく分けて①お世話(しつけ)②遊び(教育)③安全・健康の3つになります。

保育士の仕事は、登園してきた園児の健康観察をしたり、ミルクやおむつ、着替えなど身の回りのお世話、それから遊びを通じて表現力や体力づくりをおこないます。

保護者と日中を一緒に過ごすことができない乳幼児の為に、保護者の代わりとなって家庭的な環境の中で過ごすことができるような援助をおこなうのが仕事です。


保育士の仕事時間

保育士の仕事時間は早い時は朝の7時過ぎから遅くて夜の7時頃までとなります。
この間ずっと勤務というわけではなく、朝番(7時過ぎから4時ごろまで)、通常勤務(8時過ぎから5時頃まで)、遅番(10時過ぎから7時頃まで)というように、3つほどの勤務時間帯にわかれて子どもたちのお世話をすることになります。




Page: 1
TOPPAGE  TOP