声優とは?声優ってどんな仕事?

声優とは、アニメや映画の吹き替えなど、声だけで出演する俳優のことで、日本中には1000名以上の声優がいるといわれています。 

声優の仕事は、主にアニメや映画の吹き替えが中心だが、これ以外にも多くの種類の仕事が実はあります。

例えば、映像中心のドキュメンタリーで語りかけるように説明する「ナレーション」や、ゲームの中に出てくる「声」、それから電車やバス、機械などの「アナウンス放送」など、「声を発するあらゆる仕事」が声優の仕事です。

このように見まわすと、実はわれわれの周りには知らないうちに声優さんのお世話になっていることが結構多いのです。

声優に求められるもの

どんな人が声優に向いているのか? 声優という職業の人に求められるものは大きく次の3つのようなことです。

(1)演技力
声優とは「声だけでも演技ができる俳優」という言う意味のとおり、声優には声だけで、人のあらゆる感情を伝えられる演技力が求められます。

演技の勉強ももちろん必要になってくるが、幅広く社会経験を重ねていくことも大切です。

(2)知識
声優は色々な人物を演じなければならないので学力と知識が必要になってきます。
学者・医者・弁護士・探偵・お姫様。。。など現実的な役から非現実的な役柄まで幅広く演じきるためにはその人物の仕事内容や歴史的背景などを理解しておく必要があります。

(3)探究心
最後は探究心。
演技力や知識を深めるためには、映画や舞台を見たり、本を読んだりすることが必要。
素晴らしい演技を見たり、美しい芸術作品に触れたりすることで、自分の演技についてもっとレベルアップさせたいという気持ちが芽生えます。こういう常に自分をレベルアップさせようという知的好奇心が大事です。

関連記事

  1. 声優になるには?

TOPPAGE  TOP