動物看護士になるには?

動物看護士になるにはどのように勉強をしてゆけばよいのでしょうか?

これまで動物看護士になるには公的な資格は必要ではありませんでした。 いろいろな動物団体などがバラバラに資格認定を行っていました。 

このように資格が統一されていなかったため、認定された資格の価値はあまり高くなく、無資格の人でも動物病院で従事しておれば、動物看護士と同じような業務が行えたため、賃金や待遇も決して良いものではありませんでした。

しかし、平成24年度より「統一認定試験制度」が発足し、動物看護士統一資格の認定を行うようになりました。
これが「動物看護職認定試験」です。


動物看護士認定試験の受験資格

動物看護職認定試験の受験資格は、「大学・短大・専門学校などにて動物看護学を履修していること」か、「動物看護士として三年以上の職務経験があること」です。

なお、この「動物看護士として3年以上の実務経験がある」という条件は平成27年3月までの限定措置となっています。

ですから、今後動物看護士を目指す場合は、専門学校・短大・四年制大学で動物看護学を履修して臨むことが必要です。

まとめますと、動物看護士になるには、下の表のように、まず高校を卒業後、専門学校・短期大学・四年制大学の動物看護が学べる学校に進学し、必要な科目を履修して「動物看護職認定試験受験資格」を得て、「動物看護職統一試験」を受験し、合格後に動物病院への就職をするという流れになります。