歯科衛生士になるための進路・大学選び

歯科衛生士になるためには、どんな勉強を特に頑張っておくとよいのでしょうか。

基本的にどの教科も頑張っておく必要があります。 歯科衛生士養成短期大学の受験科目は、多くが英語・数学・国語の三教科が中心です。 つまり、高校では英国数の基本科目はしっかりと受験レベルの学習が必要になってくるということですね。

数学は数一のみで受験できるところが多いようです。 高校一年生の数学基礎力が非常に重要だということですね。

歯科衛生士になるための道のり

歯科衛生士になるには、のところでも紹介した通り、歯科衛生士になるには、専門学校または短期大学に進学します。 専門学校と短期大学の違いはズバリ「学歴」と「国家試験合格率」にあります。

下の表には、短期大学で歯科医療が学べる学校の一部を紹介していますが、ほとんどの学校が、国家試験合格率100%です。

専門学校も高い合格率の学校もありますが、専門学校の場合は合格率にかなりのばらつきがあるようです。

また、専門学校と短期大学の違いは、学歴という点でも違ってきます。
将来、歯科衛生士以外の仕事に就きたい、と考えたり、出産後に歯科衛生士以外の仕事で再就職したい場合、短期大学卒業のほうが、就職に有利な仕事が比較的多いようです。 

学校選びは、入学してからの学習内容と合格率も見ながら慎重に進めていきましょう。

【歯科衛生士の国家試験資格が得られる短期大学】(一部抜粋)
都道府県名 短期大学名 学科名 国家試験合格率
大阪府 関西女子短期大学 歯科衛生学科 92.2%
兵庫県 神戸常盤大学短期大学部 口腔保健学科 100%
東京都 日本歯科大学東京短期大学 歯科衛生学科 100%

それぞれの短大の資料請求や願書の取り寄せは上の表のリンクから無料でできるので、すぐにしておきましょう!

ここも要チェック!全国の歯科衛生士が目指せる短大・専門学校