スポーツトレーナーになりたい

スポーツトレーナーになるには

コメント(0)  | トラックバック(0)

スポーツトレーナーになるためには専門学校または短期大学・四年制大学の「体育学部(体育学科)」「健康・スポーツ学部(科・コース)」「柔道整復学科」などの学部・学科・コースにて、スポーツトレーナーになるために必要な「トレーニング」や「解剖学」を学ぶことが必要です。

また、在学中に下の表のようなアスレチックトレーナー・はり師・柔道整復師などの資格を取得しておくと有利になります。

【スポーツトレーナーが取得しておくと有利な資格】
資格の種類 資格の名称 資格の中身
認定資格 アスレチックトレーナー 選手・競技者の健康管理やケガの予防、体力トレーニングなどをおこなう。財団法人・日本体育協会の養成講習会を受講したあと、検定試験を受けて合格する。
国家資格 柔道整復師 骨つぎ・整骨師などとして知られている。脱臼・ねんざ・打撲・骨折などの応急処置などをおこなう。
国家資格 はり師 金属針で身体のツボを刺激することで自然治癒力を高める治療をおこなうための資格
国家資格 きゅう師 きゅう師とは、身体の表面にもぐさを置いて、熱刺激によって治療する
国家資格 あんまマッサージ師 手や指・器具などを用いて身体の各部を押したり揉むなどして、コリをほぐし血行をよくする仕事

スポーツトレーナーになるための進路について

スポーツトレーナーになるための学習ができる4年制大学の一覧を載せておきます(一部抜粋)。
右側に取得可能な資格(受験資格取得可能)も載せているので参考にしてください。

学校選びは入学してからの学習内容を比べて慎重に進めましょう。

【スポーツトレーナーに関することが学べる大学】(一部抜粋)
都道府県名 大学名(学部・学科) 取得可能な資格(受験資格含む)
東京都 法政大学
(スポーツ健康学部)
アスレチックトレーナー
日本体育大学
(体育学部)
アスレチックトレーナー
武蔵野大学
(人間科学部)
スポーツ指導者(※1)
大阪府 大阪体育大学
(体育学部・スポーツ教育学科)
アスレチックトレーナー
関西大学
(人間健康学部)
スポーツ指導者(※2)
兵庫県 武庫川女子大学
(健康・スポーツ科学部)
アスレチックトレーナー
宝塚医療大学
(保健健康学部・柔道整復学科)
柔道整復師(受験資格)

それぞれの大学の資料請求や願書の取り寄せは上の表のリンクから無料でできるので、すぐにしておきましょう!

※1武蔵野大学で取得可能な「スポーツ指導者」は講習が免除となり受験資格が得られます。
※2関西大学で取得できる「スポーツ指導者」は、講習の基本科目のみの履修となります。専門科目は別途講習会を受講する必要があります。


ここも要チェック!⇒全国のスポーツトレーナーが目指せる学校・学部・学科・コース


スポーツトレーナーとは 

コメント(0)  | トラックバック(0)

スポーツトレーナーとは、野球・テニス・サッカー・ラグビー・水泳・陸上競技・その他のプロスポーツ選手やアマチュアスポーツ選手の身体状態を常に最高のコンディションに保って、より高いパフォーマンスを発揮して競技が行えるように指導やケア、育成などをおこなう人のことをいいます。

オリンピックなどの世界選手権では各選手や団体がそれぞれ自分達のチームや選手個人でスポーツトレーナーを持ち、そのトレーナーが現地まで同行して、試合や競技当日に選手が最高の状態で臨めるようにケアを行っています。 

スポーツトレーナーなしでは今やオリンピックを目指すような選手はいないといえるのではないかと思えるほど役割は大きいです!

またスポーツトレーナーは、トレーニング指導や身体のケアだけではなく、「ケガ予防」という意味においても選手たちの現役生活を支える上で大きな役割を担っています。


スポーツトレーナーの仕事

スポーツトレーナーの仕事は大きく分けると3つの仕事があります。

まず一つ目は、選手の「運動強化」
選手たちがコーチのたてたトレーニングメニューを確実にこなせるように指導したり、アドバイスを行うそ。スポーツトレーナーは時には結果タイムや選手の体調を考慮して、コーチの作成したトレーニング内容に対して、変更や追加などを提案することもあります。

このようにスポーツトレーナーは常に、選手が目標に向かって的確な練習内容が行われているかといったことや、トレーニングが予定通り順調に実施できているかなどを管理する力が求められます。


二つ目は、選手の「ケガの予防や回復」です。
これは、選手に対してマッサージやストレッチをおこない、筋肉疲労を和らげたり、時には試合(競技)中や練習中の骨折・脱臼・ねんざ・打撲などのスポーツ事故に即座に対応できるようにすることです。

特に、練習や競技(試合)のあとに入念にマッサージやストレッチをおこない、筋肉を常に柔らかく保っておくことは、ケガの予防やケガを最小限に抑えることにつながる大事な仕事です。

また、お尻の筋肉や背中の筋肉など選手が自分自身でケアできない部分などについては、スポーツトレーナーがより一層丁寧にケアしていく必要があります。

三つ目は、選手の「精神的な指導(メンタル)面のケア」です。
スポーツ選手は常に勝負をしているので勝った時の喜びは大きいですが、それに対して負けた時の落ち込みも相当大きいものになります。またケガが治らなかったり、スランプ続きで調子が戻らない時にも精神的に落ち込んでしまうので、スポーツトレーナーが選手を精神的にサポートすることも大事になってきます。



Page: 1
TOPPAGE  TOP