救命救急士とは

救命救急士は平成3年にできた比較的新しい国家資格で、救急現場での応急処置の充実と、重病・重症患者の救命率向上の目的のために設けられました。

救命救急士になるには救命救急士の仕事は、救急車に同乗して病院への移送の間に患者の生命を維持するのが仕事です。
一般の救急隊員には許可されていない、呼吸停止や心臓停止といった心肺停止状態の人に蘇生をおこなうことができます。

救命救急士の多くは全国の消防署で働いていて、その多くが救急隊に所属しています。


救命救急士になると、心肺停止状態の人に医者の指示のもと「救急救命措置」をおこなうことができます。
救急救命措置は「特定の器具を使った軌道の確保」(のど元や気道の入り口までチューブを入れて酸素を送る)と「静脈路の確保」(静脈に点滴を打ち、出血多量を防いだり、病院に着いた後、お医者さんがいち早く薬剤を投与することができるようにするため)とがあります。

こういった重要な措置をおこなうことができるのが救命救急士なのです。

関連記事

  1. 救命救急士になるには

TOPPAGE  TOP