臨床検査技師とは

臨床検査技師とは、お医者さんの監督指導のもとで、患者さんの血液・尿・便などの検体(医学用語では検査の材料のこと)を使った検査をしたり、心電図やエコーなど患者さんの体に直接触れて検査をする生理学的検査を行うことができる厚生労働大臣指定の国家資格の職業のことです。

これまで学校の健康診断などで、視力検査や聴力検査、レントゲン検査などをしたことがありますよね? こういった検査の結果が臨床検査技師によってが出されています。

お医者さんが直接検査をするのではなく、臨床検査技師が行った臨床検査の結果によって、お医者さんが病気の診断をして治療方針を決めたり、治療後の改善状況などを判断したりするのです。

医療分野において、臨床検査技師は大変重要な位置を示しています。

臨床検査技師の主な職場は、病院・検査センターなどになります。

臨床検査技師の仕事内容

次に臨床検査技師の主な仕事内容についてみてみましょう。

臨床検査技師の仕事内容は、大きく分けて検体検査と生理学的検査の二つに分けられます。

検体検査と言うのは次の表にあるように、血液・尿・関節液・髄液など、体内のあらゆる部分にある体液中の物質濃度や働きを測定したり、組織の一部を採取して細胞を検査する組織診断などの検査のことを示します。

【臨床検査技師がおこなう検体検査(一部)】
血液検査血液を採って、貧血や白血球の数などを調べる検査
病理細胞検査採取した組織や細胞を顕微鏡で観察して、癌などの異常細胞がないかを調べる検査
遺伝子検査遺伝子の異常を調べる検査

例えばがん細胞の発見などはこういった検体検査から発見されて早期発見に役立っているのです。重要な検査を担っていることになります。

次に、生理学的検査についてですが、これは心電図・超音波検査など患者さんの体を直接検査することになります。特に心電図などは、脈が不規則になる不整脈など、心筋梗塞や心不全などの予兆を発見し、生活習慣病の発見と予防にも直結する重要な検査のことです。

臨床検査技師の仕事は、病気の早期発見や病気の段階を確認するというだけでなく、最近では病気の予防として検査を活用し、治療に役立てるという役割が大きくなってきています。 「予防」は医療費の削減にも効果的なことなので、今後ますます臨床検査技師の仕事は大切になっていくといえるでしょう。

関連記事

  1. 臨床検査技師になるには

TOPPAGE  TOP