臨床検査技師になるには

臨床検査技師には、高等学校を卒業後、大学(4年制大学、3年生短期大学)や専門学校(3年制)で臨床検査技師の養成課程を修め、国家試験に合格後、免許申請を行い臨床検査技師名簿に登録されて初めて臨床検査技師になることができます。

臨床検査技師の国家試験受験資格が得られる大学

臨床検査技師の国家試験受験資格が得られる大学を一部抜粋になるのですが以下に挙げています。

【臨床検査技師の国家試験受験資格が得られる主な大学】
都道府県名 大学名 学部名
兵庫県 神戸常盤大学 保健科学部
神戸学院大学 栄養学部
大阪府 大阪大学 医学部
関西医療大学 保健医療学部
千葉県 東邦大学 理学部
帝京大学 医療技術学部

これらの大学は施設面が充実していたり、実習が充実していたり、国家試験対策が丁寧だったりと特徴があるので、機会があれば学校見学などで確かめるのがいいですね。

学校の資料請求も上の学校名のリンク先から無料で取り寄せできるので、今すぐ入手しておきましょう。

ここも要チェック!⇒全国の臨床検査技師が目指せる学校・学部・学科・コース

関連記事

  1. 臨床検査技師とは

TOPPAGE  TOP